産婦人科の後期研修医の募集

産婦人科の後期研修医の募集

後期研修医という言葉はあまり耳慣れないかもしれません。後期研修医とは医師免許を取得し、医学系の大学を卒業した後に行われる2年間の前期研修医過程を終了した後に用意されている制度のことです。産婦人科においてもより高度な医療技術をもつ医師の人材育成のために後期研修医制度が設けられています。産婦人科医は全国的に不足しているため、どの医療機関でも医師確保に向けた働きかけが活発に行われていますが、後期研修医制度を病院側が提供することで、産婦人科を目指す医師を養成するための基板が整えられています。

産婦人科の後期研修医の募集は全国各地の総合病院で行われています。募集要項は病院ごとに異なりますが、研修期間は平均3年間、その間はレジデントとして採用されます。レジデントとは非常勤医師のことを指していますが、平均して35万円から50万円ほどの報酬を支給し、医師としての業務を行いつつ研修を受けられるようになっています。産婦人科の後期研修では婦人科系の様々な疾患に関する研究や診察方法、オペに関連した高度な医療技術の習得等が実施されます。研修期間中には学会への出席や論文発表も行ない、責任ある産婦人科医としての育成が行われます。

具体的な産婦人科の後期研修医の募集例を挙げると、神戸市の私立病院では産婦人科の後期研修医を募集しています。募集人数は数名ほどで、周産期、婦人科、生殖に関連した医療技術の育成に重点を置いた研修を行ないます。3年間の研修期間中に2000件を超える婦人科手術や分娩等に関する診察に立ち会います。担当医師による直接のレクチャーを受けることで、現場の医療実施状況や、医療器具の取扱、心身ケアの方法などを学ぶことができます。

また東京にある大学病院での産婦人科の後期研修医の募集を見ると、前期研修医過程を終了した医師向けに後期研修医を求めていて、レジデントとして勤務しながら、産婦人科医としての専門医資格取得を目指します。研修期間中は臨床研修や症例検討会を通じた教育が施されます。大学付属病院のメリットを活かして、病棟ごとの研修が行われ、大学での特別講義などにも参加します。また訓練過程を通じて学位取得を目指す研修医のために大学院への進学のサポートも行なっています。注目できるのは海外留学も積極的に行われていることです。医療先進国アメリカでの最新の産婦人科医療技術研修受けることで、日本での産婦人科医療の向上に資する知識や経験を取得することもできます。

後期研修医の就職・転職サイト!口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

後期研修医のバイト探しはコチラ!高待遇多数の求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※後期研修医の就職先・バイト探しはリクルートドクターズキャリアがお勧めです。
※バイト探しのみに特化するなら医師バイトドットコムもユーザーが多いです。

後期研修医
人気サイトランキング

後期研修医の転職サイト

後期研修医の
バイト探しサイト

後期研修医のよくある質問

診療科別の後期研修医


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 後期研修医.com | 後期研修医求人サイトランキング All Rights Reserved.