後期研修医の面接対策は?

後期研修医の面接対策は?

初期研修医として2年間の臨床研修を終えると、多くの研修医は引き続き後期研修医を募集している民間病院や大学病院などに進みます。2年間の初期研修を終えると医師として働くことも可能ですが、日本では一般的に一人前の医師になるには10年間は必要と考えられています。そのため通常は3年から5年の期間をかけて更に幅広い知識と技術を学ぶことになります。

後期研修医はそれまでの2年間に比べて専門的な知識を学び、数多くの実践をこなすことになります。それまでは指導医のもと行ってきた診療や治療も、自分自身で判断し決定する場面が多くなります。また後期研修医は専攻する診療科目を選択し、自分の希望と合致する病院を選び後期研修医として働くことになります。しかし、病院側も1人の医師として後期研修医を採用するため、働くことを希望する研修医すべてを採用することは現実的にできません。大抵の病院では採用人数に制限を設け、空きができると随時募集する形をとっています。そのため自分が希望する病院や診療科目で後期研修医として働くことが中々できない研修医も少なくありません。

自分が希望する病院や診療科目で後期研修を始めるために重要になるのは、マッチングとも呼ばれている面接です。面接において病院側に好印象を与えることができれば、採用される確率も高くなるでしょう。それでぶっつけ本番で臨むのではなく、出来る準備は前もって十分に面接対策しておくのが大切になります。

まず考えるべきことは、病院側がどんな人材、どんな医師を採用したいと考えているかを理解することです。医学知識や技術も大切ですが、やはり1人の人間性や社会性を見られることから始まります。どのように自分の人間性、社会性をアピールできるでしょうか。人間は大抵、第一印象でその人の人間性を見ています。つまり研修医が面接に来た時の身だしなみや礼儀です。時と場所にふさわしい身だしなみをすること、相手の目を見て微笑みながら爽やかな挨拶ができるなら、好印象を与えることができます。

他にも面接時に聞かれそうな質問をあらかじめ想定しておくことも大切です。自分の長所、短所、改善点を具体的に伝えることも準備できる点です。医師を志した理由、どの診療科目の医師を目指しているか、その理由は何か。現在の医師不足の現状をどう解決できるかなど、医療に関わる質問もされることでしょう。質問を想定し家族や友人に協力してもらい面接の練習をしておくなら、本番でも緊張を和らげることができます。

後期研修医の就職・転職サイト!口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

後期研修医のバイト探しはコチラ!高待遇多数の求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※後期研修医の就職先・バイト探しはリクルートドクターズキャリアがお勧めです。
※バイト探しのみに特化するなら医師バイトドットコムもユーザーが多いです。

後期研修医
人気サイトランキング

後期研修医の転職サイト

後期研修医の
バイト探しサイト

後期研修医のよくある質問

診療科別の後期研修医


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 後期研修医.com | 後期研修医求人サイトランキング All Rights Reserved.