後期研修医のマッチングサイトはある?

後期研修医のマッチングサイトはある?

2004年に義務化された2年間の臨床研修制度ですが、同年から研修医が研修を行う臨床研修先の大学病院や臨床研修病院と研修医のマッチングが、マッチングサイトと呼ばれる方法で始まりました。臨床研修医のマッチングとはわかり易く説明すると、プロ野球のドラフト制度のようなものです。研修医のマッチングの場合はプロ野球のドラフト制度とは違い、自分が希望する臨床研修先の大学病院や臨床研修病院の名前を何ヵ所か選べます。

しかし必ずしも自分が1番目に希望した、臨床研修先の医療機関に行けるとは決まっていません。また臨床研修医のマッチングによって一旦決まった臨床研修先は断ることができません。たとえば自分が希望するのが都内の病院などの都市部の医療機関で、マッチングで決まったのが疎開地の大学病院だったとします。

本音ではあまり乗り気ではなく行きたくないとしても、もし万が一マッチングで決まった臨床研修先を断ると、他の大学病院や臨床研修病院では受け入れてくれません。2004年からはこの2年間の臨床研修制度は、厚生労働省の指導のもと義務化されました。2年間の初期臨床研修が無事終わると、臨床研修先の大学病院や臨床研修病院から終了証明者が発行されます。

そして次にこの2年間の初期臨床研修のあいだに、自分が進むべき診療科を決めます。そして研修医として3年目から5年目の期間は自分が選んだ診療科で指導医の元で専門分野の勉強を行なっていきます。実際のマッチングの方法ですが医学部で6年間の学習を終え、国家試験に合格し医師免許を取得して初めて研修医マッチングに参加する資格が生じます。

マッチングに参加する研修医のことを参加者と呼びますが、まずはマッチングの参加登録を行います。次に臨床研修先の大学病院や臨床研修病院の選抜試験を受けます。この選抜試験の内容は医療機関にとって異なります。実習だけの場合もあれば、筆記試験を行う医療機関もあります。それが終わると、自分が希望する研修プログラムの希望順位表の提出を行います。

マッチングサイトで一定の規則(アルゴリズム)に従って、コンピュータにより研修医と臨床研修先の大学病院や臨床研修病院の組み合わせを決定します。臨床研修先が決まったら、研修医はその臨床研修先と仮契約を結びます。

2011年にこのマッチングに参加した研修医は8454名で、参加者の臨床研修先の第1希望と第2希望のマッチング率は合計で94%でした。このマッチング率は年を追うごとに高くなっていて、多くの研修医が自分が希望する臨床研修先で働けることを表しています。

後期研修医の就職・転職サイト!口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

後期研修医のバイト探しはコチラ!高待遇多数の求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※後期研修医の就職先・バイト探しはリクルートドクターズキャリアがお勧めです。
※バイト探しのみに特化するなら医師バイトドットコムもユーザーが多いです。

後期研修医
人気サイトランキング

後期研修医の転職サイト

後期研修医の
バイト探しサイト

後期研修医のよくある質問

診療科別の後期研修医


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 後期研修医.com | 後期研修医求人サイトランキング All Rights Reserved.