後期研修医の年収・給料の相場は?

後期研修医の年収・給料の相場は?

一般的に医者と言う職業は高給取りのイメージがありますが、後期研修医の年収や給料の相場は一体どの位なのでしょうか?日本では医師国家試験に合格したあと2年間の臨床研修が義務化されていて、この期間の医師のことを研修医と呼びます。この研修医期間中に内科や外科など、自分がやりたい診療科を決めます。この2年間の臨床研修の後に、自分がやりたい診療科の専門分野を指導医の元で、約3年間勉強する研修医のことを後期研修医と呼んでいます。そのため最初の2年間の臨床研修期間中は前期研修医と呼び、その後の3〜5年目までを一般に後期研修医と呼んでいます。

この臨床研修は2004年から義務化されましたが、それまでは努力規定と呼ばれ研修医は社会保険にも加入できない過酷な労働条件の元で働いていました。特に私立大学病院で勤務していた研修医の場合は酷く、長時間の勤務にも関わらず月に数万円程度の奨学金が支払われるのみでした。そのため研修医の多くが当直などのアルバイトをせざるを得ないことが、厚生労働省の実態調査で判明しました。

では現在の研修医の年収や給料は、どうなっているのでしょうか?前期研修医の年収は300万円前後がほとんどで、学ぶことも多くアルバイトもままならないのが実情です。気になる後期研修医の年収ですが、最大6倍以上の格差があることが厚生労働省が全国の大学病院と臨床研修病院を対象に行ったアンケート調査で分かりました

この背景には2004年から導入された新医師臨床研修制度によって医師免許を取得した後に、研修先を自由に選べるようになったことが大きく影響しています。つまり多くの研修医が地方の病院でなく、都市部に研修医が集中したのです。そのため厚生労働省ではその後、都道府県別に研修医の定員数の上限を設けました。それでも地方の病院の医師の過疎化に歯止めが掛からずに、地方の病院では後期研修医の年収が1000万円を超える場合もあることが調査の結果分かりました。

ただ都内の病院などで働く後期研修医の場合は、比較的カンタンに高給のアルバイトを探すことができるために、相変わらず都市部の病院で働く後期研修医が絶えません。厚生労働省の発表でも勤務医の平均年収が約1200万円強ですから、アルバイトをしている後期研修医の年収とほとんど変わりません。ただ同じ勤務医でも国立大学病院と民間の私立病院では、年収も大きく違います。また診療科によっても当然、年収も異なってきます。

後期研修医の就職・転職サイト!口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

後期研修医のバイト探しはコチラ!高待遇多数の求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※後期研修医の就職先・バイト探しはリクルートドクターズキャリアがお勧めです。
※バイト探しのみに特化するなら医師バイトドットコムもユーザーが多いです。

後期研修医
人気サイトランキング

後期研修医の転職サイト

後期研修医の
バイト探しサイト

後期研修医のよくある質問

診療科別の後期研修医


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 後期研修医.com | 後期研修医求人サイトランキング All Rights Reserved.