泌尿器科の後期研修医の募集

泌尿器科の後期研修医の募集

高齢化がますます進む日本において泌尿器科医の役割はかつてないほど重要性を増しています。男性の前立腺がんや女性の泌尿器疾患は増加の一途をたどっています。増え続ける泌尿器系疾患に対応できる医師の数はそれほど多くはないため、泌尿器科の医師不足は解消する見込みが立っていません。このような環境の中で泌尿器科医を目指す前期研修医たちの中には泌尿器科専門医として活躍することができるように、後期研修医の訓練を受ける人が増えています。一般的に大学卒業後医師免許を持った医師の卵たちは2年間の研修医としての訓練を受けます。この期間を前期研修医と呼びますが、それ以降さらに医師としてのスキルを向上させ、高い医療技術を修得するための訓練制度が設けられています。これが後期研修医制度です。

泌尿器科の後期研修医の募集は全国の総合病院、大学付属病院などで行われています。募集要項は共通しているものとして2年間の前期研修医過程を終了していることが挙げられています。研修期間は1年から5年ですが平均して3年の研修期間が一般的です。近隣の総合病院や大学病院で泌尿器科の後期研修医の募集が行われている場合もありますが、近隣にない場合やより高度な医療技術を習得したい場合、さらには医学博士などの学位を取得したい場合には専門課程を有する大学病院での後期研修医を選択するとよいでしょう。

泌尿器科の後期研修医の募集の具体例を挙げると、長野県にある国立病院機構では後期研修医を募集していて、泌尿器科での専門医資格を取得することができます。長野県の場合後期研修医制度を受講する研修医が少ないため、他の都道府県で研修医募集がいっぱいの場合、受け入れられる可能性が高く狙い目でもあります。この病院の特徴は後期研修医もレジデントではなく、国家公務員の待遇で月額報酬に加えて福利厚生も常勤医師と同程度のサービスが提供されます。学会への出席も可能で宿泊費や交通費、参加費も全てバックアップしてくれることから、研修生のサポート体制が充実しているのは大きな魅力です。

泌尿器科の後期研修医の募集の他の事例ですが、東京の私立医大での泌尿器科での研修医募集があります。後期研修医の場合大学の医局に配属となり、嘱託医師としての待遇を受けながら高度な医療技術の習得と、患者に対するケアなどの具体的な事例を学ぶことができます。加えて大学院への進学も可能で学位取得ができるというメリットも有ります。

後期研修医の就職・転職サイト!口コミ人気ランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

後期研修医のバイト探しはコチラ!高待遇多数の求人サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師バイトドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細

※後期研修医の就職先・バイト探しはリクルートドクターズキャリアがお勧めです。
※バイト探しのみに特化するなら医師バイトドットコムもユーザーが多いです。

後期研修医
人気サイトランキング

後期研修医の転職サイト

後期研修医の
バイト探しサイト

後期研修医のよくある質問

診療科別の後期研修医


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 後期研修医.com | 後期研修医求人サイトランキング All Rights Reserved.